会社経営と労務管理


退職トラブル解決 ・  残業手当節約

退職者の不当解雇の主張や未払残業代請求への対処の他
社会保険・労働保険、助成金についてもご相談に応じます。



人事労務管理・労働関係法令についてのご質問・ご相談は
東京都練馬区の労務管理古内事務所へお任せ下さい。

トラブルが起こる前に遠慮なくご相談ください。


労働契約法が改正されました(平成25年4月1日施行)

労働関係法令 (労働法基礎知識)

  未払残業代金請求訴訟が近時急増しています。「未払残業代請求訴訟」を提起された場合、企業には数百万円、あるいは、数億円単位の支払命令が出され、場合によっては回復困難な程の支払いを義務付けられるケースも出ています。
 弊所では、「未払残業代請求訴訟」を提起された場合の対処方法や、そもそも「未払残業代請求」を提起されないようにするための方法等をご案内いたしております。
人事コンサルタントからのアドバイスとしては、常時10人未満の労働者を使用する事業所であっても就業規則を作成することをお勧めいたします。就業規則は決して法律上仕方なく作成するだけのものではありません。リスク管理を行い、経営理念・経営戦略を反映した戦略的な就業規則を積極的に作成し、会社の発展に役立てましょう。 

時間外労働に関する割増賃金の削減などについても、就業規則の改定を通じてご案内いたします。

ご相談は東京都練馬区の社会保険労務士事務所・労務管理古内事務所へお任せ下さい。

東京都練馬区東大泉7-9-10

TEL:03-3922-5708(代表)



助成金申請や割増賃金の削減などについてもご相談に応じます。

会社経営には様々な手続きが必要です。


皆様のより良い会社経営のために


給与計算業務・社会保険・労働保険・人事・労務管理のご相談は、
東京都練馬区・労務管理古内事務所へお任せください。

東京都練馬区東大泉7-9-10

TEL:03-3922-5708(代表)



トラブルが起こる前に遠慮なくご相談ください。

労働契約法改正のポイント(平成25年4月1日施行)

1. 無期労働契約への転換
2. 「雇止め法理」の法定化
3. 不合理労働条件の禁止

社会保険 健康保険・厚生年金保険


Copyright (C) 2008 : All Rights Reserved Office Furuuchi