未払い残業代請求

トラブルの予防と対策

利息 年6%〜14.6%

サービス残業・未払賃金請求・是正勧告の予防と対策に関するご質問・ご相談は、
東京都練馬区の社会保険労務士事務所【労務管理古内事務所】へご連絡下さい。

トラブルが起こる前に遠慮なくご相談ください。



TEL:03-3922-5708(代表)  FAX:03-3922-5510

お電話は平日9:00から17:00まで  (顧問先の会社様には土日・祝日でも個別対応可能です。)

Certified Social Insurance and Labour Consultant Roumukanri Office Furuuchi

未払い残業代金の請求が急増

民事訴訟団体交渉是正勧告行政指導に至るケースも増えています

未払い残業代請求訴訟では
年6%〜14.6%の利息付加金!

過去2年分遡って利息の付いた未払金を一括で支払うことにもなり得ます。
臨時の多額の経費支出は、会社の資金繰りにも影響を与えてしまいます。

関係法令を正確に理解・運用し、不意の経費支出を防ぎましょう

 未払い残業代問題などに普段から適切に対応していれば、不意の支出を抑えるだけでなく、「安心して働き易い良好な職場環境」が創れます。良好な職場環境では従業員様のモチベーションが上がり生産性の向上も期待できます。


労働関係法令 (残業と割増賃金に関する労働基準法のルール)

  • 1日の法定労働時間は8時間、1週間の法定労働時間は40時間です。時間外労働をさせた場合には通常の2割5分以上の割増賃金を支払う義務があります。
  • 1週間に1日以上あるいは4週間に4日以上の休日を与えなければなりません。休日労働をさせた場合には3割5分以上の割増賃金を支払う義務があります。振替休日代休とは法的には異なります。振替休日の場合には割増賃金の支払義務はありませんが、代休の場合には割増賃金の支払義務があります。
  • 午後10時から午前5時までの労働は深夜労働になります。深夜労働をさせた場合には2割5分以上の割増賃金を支払う義務があります。
時間外労働・休日労働・深夜労働が重複した場合は、割増率が高くなります。



東京都練馬区東大泉7-9-10   TEL:03-3922-5708(代表)


E-Mail によるご相談は、こちらから


皆様のより良い会社経営のために


会社側に悪意がなくても未払い残業代が発生してしまう場合もあります

名ばかり管理職には残業手当を払っていますか?

管理監督者に対しては時間外労働割増賃金の支払義務はありませんが、管理監督者として認められる範囲は非常に狭いことに注意が必要です。

年俸制・定額残業手当を誤解してはいませんか?

年俸制や定額残業手当制を採っていても時間外労働割増賃金の支払義務は発生し得ます。制度を正確に理解して運用することが必要です。残業時間の上限設定や端数時間の切捨て等にも問題があります。

サービス残業を受けていませんか?

明示的な指揮命令(残業命令)がなくても残業代が発生する場合があります。上司が見て見ぬふりをした場合等、会社が黙示的に指示したと認定される場合もあり得ます。

残業代を増やそうとする社員に困ってませんか?

所定時間内にだらだら勤務して残業代を稼ごうとする社員も中には存在します。会社側は残業を許可制にするなどして対処する必要があります。

未払い残業代の請求を実際に受けた場合には?

未払い残業代の請求を受けた場合には、迅速な対応が不可欠です。支払が遅れると、在職中は年利6%、退職後は年利14.6%の利息が遅延損害金として発生します。悪質な場合には判決で付加金もあり得ます。



TEL:03-3922-5708(代表)

お電話は平日9:00から17:00まで
(顧問先の会社様には時間外・土日・祝日でも個別対応が可能です。)

トラブルが起こる前でも遠慮なくご相談ください。

サービス残業・未払賃金請求・是正勧告 トラブルの予防と対策に関するご相談は、
東京都練馬区の社会保険労務士事務所 【労務管理古内事務所】 へお任せ下さい。


Labor Insurance Affairs Association Sougou Keiei Kanri Center
Certified Social Insurance and Labour Consultant Roumukanri Office Furuuchi